洗濯機の外置きの問題点と対策 カバーなど

beranda

アパートの設置スペースの関係でどうしても洗濯機が外置きになってしまう。そんな人もいると思います。

室内に置いたほうが当然長持ちする確率は高いと思いますが、外置きの際はどんな対策を行えばよいのか考えてみました。

外置きにはどんな悪い点があるか

もうわかってるよという人もいるかもしれませんが、まずは外置きにはどんな問題があるのか考え、その上でどんな対策があるのか考えていきたいと思います。

壊れるのが早い

ぜんぜん壊れないよという人も中にはいますが、外に置いておくと紫外線に晒されてプラスチック部分がもろくなったり、雨風に晒されてサビも出て故障の確率も上がりそうです。 電子部品の周りは密閉されていて大丈夫なようですが、他の部分が壊れやすそうですね。

外置きだと音が伝わりやすいのでより時間に配慮が必要

外置きだと壁が無い分、騒音が伝わって近所迷惑になる可能性がありますね。

風呂場から離れたところにあると脱いだものをすぐに放り込めない

風呂から離れていると洗濯物を一旦かごなどに溜めておいてから洗濯機のところまで持っていって洗濯することになりますね。少しめんどくさそうです。

上の階からの水漏れや下の階への水漏れが心配

万が一水が漏れてしまうと下の階へ迷惑が掛かるかもしれません、逆に上の階から水がたれてくるという心配も。

寒い日の洗濯がつらい

寒い日でも外に出て洗濯物の出し入れをしないといけないのでおっくうですね。洗濯物自体もかなり冷えて冷たそうです。

真冬は凍結の可能性が

真冬は氷点下になってしまい水が凍って洗濯ができない可能性があります。注意したいですね。

周りで改修工事があると使えない

ベランダなどで改修工事が行われるとその付近にある洗濯機は使えませんね。

高い階のベランダは子供が心配

ベランダに設置した洗濯機に子供が乗って手すりを乗り越えて落下してしまったというニュースを見かけました。子供のいる家庭では注意したいものです。

どのような対策を採るか

いくつかの問題点を挙げてみましたが、対策の風呂場との位置関係などなかなか対策が取れそうにないものもありますね。 ここでは対策の取れそうな点をピックアップして考えたいと思います。

壊れないように紫外線や雨風への対策をとる

これにはいくつかの対策が考えられますね。

雨避けの防水シートを使う

安く済みそうな方法です。物干し竿にわっかを使って取り付けるタイプのシートがあります。これで雨を避けるわけです。 しかし安い代わり、風に弱かったり、防げる範囲が限られているので効果のほどはあまり期待しないほうがいいでしょう。

洗濯機のカバーを使う

 

洗濯機をすっぽり覆うカバーが市販されていますのでそういったカバーを使う方法です。洗濯機全体を覆うことができますので効果がありそうですし、安いので費用対効果は高そうです。

ただし、じめじめしたところだとカビが発生しやすいので注意したいですね。

板や柵などで洗濯機の周りを覆う

洗濯機の周囲を覆えば多少の雨風や紫外線は防げるようになりますね。DIY好きの方はいろいろ工夫されているようで、木のラックをベランダの柵に固定したり、ガーデニング用のラックで囲ったりいろいろと方法があります。

ゴミ袋をかぶせたり、レジャーシートをかぶせたりといった方法もあるようです。

DIYが苦手な人はすだれをかけておくだけでもいくらか対策になります。

無理やり室内に置く

給水と排水はホースを伸ばしてお風呂から行い、強引に室内に置くという方法もあります。水が漏れた際の心配もありますし、ホースの取り回しなど難易度が高そうです。

凍結対策

水道管などに保温材を巻いておけば多少の対策になります。

間に水が入ってしまうと腐ってたいへんなことになるのでポリ塩化ビニールテープで隙間を塞いでおくのがキモのようです。

子供対策

洗濯機に乗ってしまうような子供ならベビーフェンスも役に立たないでしょうし、これはもうよくいって聞かせ、目を離さないようにするしかないでしょうかね・・・このあたりは子育ての問題になってきそうなので難しそうですね。

まとめ

といったわけで洗濯機の外置きについて考えてみました。

紫外線や風雨の対策に関しては工作好きの人はいろんな対策を考えて楽しめるかもしれませんがそれ以外の人はなかなかたいへんそうです。

これ以外の点でもなかなか対策の施しようの無い点があって室内置きよりも気を配る面が多そうですね。