洗濯機の縦型とドラム式の比較 どんな違いが?どっちがいい?

a1640_000061

たびたび議論に挙がる縦型洗濯機とドラム式洗濯機どちらがいいのかという話・・・

なかなか結着がつきませんが今回はこの2種類の洗濯機の違いについて考えてみたいと思います。

そもそのなぜ2つの方式が生まれたのか

もともと欧米で主流であったドラム式と日本で普及した縦型。なぜ2つの方式ができたのでしょうか。それはそれぞれの水の質にあります。

日本の水は軟水で洗剤が溶けやすく、欧米の水は硬水で洗剤が溶けにくいといった特徴があります。

こうした特長から日本ではたっぷりの水によるこすり洗いが行える縦型、欧米では上から下へたたきつけることによって洗剤を浸透させるドラム式が普及することとなりました。

 洗浄力はどちらが上?

洗濯機ですからまず気になるのが洗浄力ですよね。ドラム式が日本で普及し始めた2000年代頭は縦型のほうが洗浄力が上でした。汚れ落ちは縦型のほうが良く、現在でもやっぱり縦型のほうが洗浄力がいいという人もいます。

しかし、近年ではドラム式も洗浄力がアップしています。中でも注目なのが温水を使った洗浄です。衣類についた汚れは低温ではなかなか落ちませんが、温水で洗うことによって汚れ落ちがアップ。

某家電雑誌の検証結果でも最新のドラム式洗濯機は縦型と遜色の無い洗浄力を発揮し、比較対象によってはドラム式のほうが汚れ落ちが良いケースもありました。

旧型のドラム式はともかく、最新機種を比較するならば「どちらが上ということは無い」ということになると思います。

細かい点に絞って洗浄力を考える

もう少し絞って考えてみると皮脂汚れに関してはドラム式、泥汚れに関しては縦型が優れているという意見も発見しました。

洗濯の仕方の違いから汚れの得意不得意があるようです。ただ、機種による違いや設定による違いがありますが。

洗濯の仕上がりに好みが?

縦型とドラム式ではこすり洗いと叩き洗いという洗い方の違いから、仕上がりに差が出るという声があります。

例えばドラム式では洗濯まで行って外干しをした場合、タオルのパイル生地が寝てしまってあまり肌触りがよくないという人がいました。(洗濯から乾燥まで全て行うと特に気にならないとのこと)

全てのドラム式がそうとは限りませんが、洗い方による仕上がりの差というものがあるかもしれません。

乾燥の仕上がりはどちらが上?

この点に関してはドラム式が上です。

ドラム式は形状からして洗濯物を舞い上げて乾燥することができますので洗濯物がシワになりにくいですし、乾燥しやすくなっています。

専用の乾燥機が同じような形状をしていることからもドラム式のほうが乾燥に優れていることがうかがえますよね。

一方の縦型の乾燥機能は乾燥できないことはないですが、ドラム式には敵いません。

電気代でもドラム式が有利?

乾燥方式の違いでドラム式のほうが有利なケースが多くなっています。

乾燥の方式はヒートポンプ式とヒーター式があるのですが、ヒートポンプ式は電気代が安いという特徴があります。

最近のドラム式洗濯機はヒートポンプ式を採用しているものが多く、縦型洗濯機はヒーター式となっていますのでドラム式洗濯機のほうが電気代が安く済みます。

(以前はドラム式もヒーター式を採用した機種が多かったのですが現在はヒートポンプ式が主流です。)

また、ヒーター式は乾燥温度が高くなるのに対してヒートポンプ式は温度が60度程度で衣類を傷めにくいというメリットもあります。

節水節電

節電に関しては先述のヒートポンプ式ということでドラム式が有利ですが、節水に関してもドラム式のほうが優れています。

ドラムを回転させることで衣類を叩きつけて洗うので少ない水で洗うことができるのです。

静音性

これはどちらかと言うと縦型洗濯機のほうが有利です。

洗濯槽の回る向きの関係でドラム式は振動が大きくなりがちです。もちろん機種による大きさの差はありますが、傾向としてはドラム式のほうが大きいようです。

お手入れの手間

この点は縦型のほうが有利です。

ドラム式洗濯機の場合は乾燥機能を使うと毎回フィルターの掃除をする必要があります。ほこりが溜まると乾燥能力にも影響してきますし、エラーが発生して乾燥できないといったこともあります。

価格

価格の面でも縦型が有利です。

低価格帯から高価格帯のものまで多彩な選択肢があります。それに対してドラム式は高価格です。

まとめ 何を求めるかよく考えることが大切

いろいろと比較してみましたが、乾燥まで使うならばドラム式、洗濯だけでいいなら縦型ということでよさそうな気がします。

一気に洗濯から乾燥まで行いたいという人は電気代、乾燥の仕上がりともに優れているドラム式にするメリットは大きいと思います。フィルターの手入れの手間もありますが、こうしたメリットにくらべるとたいしたことは無いという人もいます。

逆に外干し派の人は縦型が適しているでしょう。価格も安いですし、無理をしてドラム式を購入する理由はあまり見当たりません。乾燥は特別急いでいるときなどだけに限定すれば電気代もそれほど高くならないでしょう。

生活環境の中でどんなことが求められているのか考えるとどちらが適しているか見えてくるかもしれませんね。現在だけでなく、数年後はどんな使い方になるかも考慮するといいかも?

最後にポイントをまとめておきます。

縦型ドラム式まとめ
  • 洗浄力・・・優劣つけがたい
  • 乾燥・・・圧倒的にドラム式
  • 電気代・・・乾燥まで考えるならばドラム式が安い
  • 静音性・・・ドラム式のほうが振動が大きくなりがち
  • お手入れ・・・ドラム式のほうが手間
  • 価格・・・縦型のほうが安い