量販店オリジナルモデル シャープES-T707の口コミ

シャープのES-T707はES-GE70Pの量販店オリジナルモデルです。

オリジナルの機能として「しっかり」コースが搭載されていますが、さして大きな違いは無いようです。

本家のES-GE70Pにも強力コースがあるのでどちらかを狙って購入するよりも安いほうを購入するほうがよさそうですね。

国内メーカー品でコンパクトということで購入

引っ越しに伴い、洗濯機を新調する事に。今までのは4.2kgだったので、7kg以上のものがいいな、と思っていました。しかしながら、バス・トイレ回りの間取が異様に狭かった為、本体が大きいものは却下。ドラム式なんてもってのほかでした。大きいものにしてしまうとトイレのドアが開かなくなってしまうので。性能よりまずサイズで選びました。
そこで候補に挙がったのが、この商品です。まあ洗濯できればいいし、とメーカーにはこだわらないつもりでいたのですが、いざ買う、となったらやっぱり国内メーカーがいいなあ、と。大きさ的にもクリアでした。

というかここがクリアだったので、他の機能はあまり考えませんでした。一通り量販店で説明も聞いて、槽クリーンモードがあったり、節水モードがあったり、お風呂水も使えるし、値段も予算内だしと購入。
いざ購入してから、使ってみての感想。

  1. しっかりコース以外の時の洗いの水が異様に少ない
  2. 洗濯後の衣類に埃みたいなものがくっついている
  3. 洗濯後に洗剤が残っていることがある

我が家は子どもがいるわけではないので、目に見えて汚れている衣類があるわけではありません。そこまで洗浄力は望んでいませんでした。だけど、基本的な汚れを落とす作業は当然望んでいます。

 

2に関しては初めの1,2回は、ティッシュペーパーとか、紙くずが残っていたのが付いたのかな、と思っていましたが、そうでもない。全部に付着と言うわけではありませんが、必ずどれかには着いている。かと言って糸くずフィルターか空っぽというわけでもない。ちゃんと糸くず回収されている。
3は、特にシーツとか大きい物を洗った時に残っていることがあり、何でだろう?と思いつつ、洗い直しは面倒なので、洗濯開始直後に自ら洗濯物をかき回すという事をしています。今はまだいいけど、真冬の寒い時期になったら困るなあ・・・。

しかしながら冬はもっと洗剤残りしやすくなると思うし、液体洗剤に変えるべきなのかな、と考えています(今は粉洗剤を使用中)。
で、前後しますがその洗剤残りを防ぐ為に洗濯物をかき回していた時に、1に気が付きました。洗濯物がひたひたになる位の段階で給水が終わってしまい、洗濯が始まってしまったのです。以前使用していたものはもう少し、洗濯物が漬かる位まで給水していたので、あれ?と思いました。ちなみに時短コースだったからかな、と、次の時は標準にしましたが同じでした。しっかりコースのみ、しっかり水が給水されていました。説明書には徐々に水量は上がると書いてあるけど、実際洗剤残っちゃう事があるしなあ、という感じです。
今回は、洗濯容量と外寸とが最重要項目だったので、内容に関しては吟味しなかったのがまずかったなあと反省もあり。しかしながら洗濯槽をきれいにするという槽クリーンモードがあるので、暫く使って、この効果を試しての結果に期待したいと思います。

 

埼玉県 追分

水位は自分で設定したほうがいいかも?

シャープのこのシリーズは6kgの機種でも水位が低めになったりと自動設定にしたときの水量に不安があるので手動で設定したほうがいいかもしれませんね。

それならば洗剤残りなども改善されるかもしれません。

コンパクトで価格もわりと安いといったメリットもあるので使いようによっては活躍してくれるとは思うのですが評価のわかれる機種です。

ちなみにサイズは幅565×奥行535×高さ898mmとなっています。7kgで奥行き535mmはかなりコンパクトだと思います。

シャープ ES-T707 Aを楽天市場でチェック

シャープ ES-T707をYAHOOでチェック