2017~2018年 人気縦型洗濯機ランキング おすすめは?

2018年の生活へ向けて、2017年モデルの人気どころの洗濯機をピックアップしてみました。

日立 ビートウォッシュ BW-V80B

日立のビートウォッシュシリーズは洗浄力が高いと評判のシリーズですね。

大量の水を循環させるナイアガラビート洗浄はガンコな汚れもすっきり落とすという触れ込みです。汚れが多いときのために「念入り」コースも搭載しています。

つけおき機能は、洗濯槽の底に有るウイングで衣類をやさしく動かしながら高濃度の洗浄液に浸けるので黄ばみなどに対して力を発揮しそうです。

本体幅は57cm(ホース等含まず)、騒音は洗浄32dB、脱水は38dBとスペック上はけっこう静かです。また、投入口の幅は約38cmと大物の出し入れがしやすいのもウリとしています。

洗濯の様子を動画に撮っていらっしゃる方がいましたので貼っておきます。

強化処理ガラスを採用したデザインは高級感がありますね。

東芝 ZABOON AW-D836

東芝のザブーンはDDモーターが特徴です。モーターとパルセーター(洗濯槽の底の羽根)が直結しているのでパワフルなのに騒音が少なく、きめ細かい制御が可能となっています。

騒音値は洗い26dB、脱水37dBとトップクラスの静音性を誇ります。運転音の静かさ重視なら是非とも候補に入れておきたい1台です。

最低水位12Lという少量の洗濯や衣類の汚れに応じて水流を変えて洗濯する「水流パワーボタン」も備えています。

本体幅もホースを含まず55.5cmとスリムです。

パナソニック NA-FA80H5

パナソニックのNA-FA80H5は見たとおり操作パネルが後ろ側に配置されています。この配置は人によって好みが分かれると思いますが、洗濯機の手前がすっきりしているので洗濯物の出し入れがしやすいというメリットがあります。

洗浄は泡を作り出して汚れにアタックする泡洗浄を前機種から引き続き搭載しています(泡洗浄と言う名前ほど泡が出ないという口コミもありますが汚れ落ちはなかなか)。

新たに搭載された機能としては「フレグランス」コースがあります。柔軟剤をしっかりと浸透させてくれるので「柔軟剤が無いとダメ」という家庭はチェックしておきたいですね。

ボディ幅はホース等含まず55.4cm。デザインもなかなかスタイリッシュで高級感がありますね。騒音値は洗い32dB、脱水39dBとなっています。