一人暮らし、二人暮らしにおすすめの洗濯容量は?

これから一人暮らしをするというあなた。洗濯機はどんなものがいいかなかなか決められない。そんなことはありませんか?

そこで一人暮らしにはどんな洗濯機が適しているか考えてみました。

いくつかチェック項目をあげてみます。

  • 洗濯の頻度はどのくらい?
    洗濯をする頻度によって容量を決めましょう。週に2、3回など頻繁に洗濯をするなら4.2kgのタイプで充分かもしれません。ただ、洗濯物を溜めて週1回という人は6㎏ぐらいの洗濯機を選ぶのもありです。
  • 洗濯機置場はどんな環境?
    洗濯機置場が屋外にある場合は風雨にさらされる可能性があるので高価な物は買わないほうが無難です。また、ドラム式洗濯機の設置を考えているならば置場のサイズをきっちりと把握しておくことが必要です。ドラム式洗濯機はサイズが大きいものが多く、設置できないことがあります。
  • 深夜に洗濯をする?
    一人暮らしで夜遅く帰宅してから洗濯をする。そんなこともありますよね。そんな時は洗濯機の静音性に注目しましょう。メーカーのスペックを見ると、「洗い」「脱水」「乾燥」のそれぞれの騒音をdbで数値化されています。洗い、脱水は40dbを越えなければ静音なほうかも。

以上の点を見ていろいろと探してみるといいかもしれませんよ。

電気屋の店員さんの意見

先日、電気屋さんに行く機会があったので、洗濯機売り場をのぞいてみました。

大手の量販店でしたのでいろんな機種が並んでいましたが、店員さんがちょっとした選び方を押しててくれたので紹介しておきます。

洗濯槽はステンレス製のものがいい

洗濯機を選ぶときについつい安い物を選んでしまいますが、そうすると洗濯槽がすべてプラスチックの物になってしまいます。

プラスチックのものだとカビなどが発生しやすくなって衛生的によろしくありません。(一見きれいに見える洗濯槽も裏側は洗剤カスやカビなどでかなり汚れているんです。)ステンレス層にしておくとプラスチックよりは汚れにくいのでちょっと予算をプラスしてステンレス槽採用のものにしておくといいかもしれません。(ステンレス槽だからといって汚れないわけではないのでそこは注意を)

デジタル表示がある洗濯機を選べ

洗濯機の操作パネルを見ていると分数がデジタルで表示できるものと表示パネルが無いものがあります。

デジタルで分数が表示できるパネルがあると何がいいかというと、このパネルを搭載している洗濯機は細かい時間でタイマー設定できるものがほとんどなんです。

安物の洗濯機だと9時間とか1種類しか時間が設定できません、それにくらべてデジタル表示がある洗濯機は1~24時間でタイマー設定ができたりします。

一人暮らしだと時間に追われてなかなか洗濯ができませんが細かくタイマー設定できれば合間の時間に洗濯をして干すことができるように設定したり、洗濯の幅が広まります。タイマー機能はチェックしておきたいところです。

縦型洗濯機(乾燥あり)、縦型洗濯機(乾燥なし)、ドラム式洗濯機はどれがいい?

ついでに縦型洗濯機の乾燥ありなしとドラム式洗濯機の選択基準も考えてみました。

洗濯物を干すのがめんどくさい、乾燥後しわになるのも嫌(洗濯機置場が広いことが前提)→ドラム式洗濯機

洗濯物を干すのがめんどくさい、乾燥のしわはまあ許せる→縦型洗濯機(乾燥あり)

洗濯物を干すのがそんなに苦にならない、コストを抑えたい→縦型洗濯機(乾燥なし)

※簡易乾燥機能付の縦型洗濯機がありますが、乾燥機能はおまけみたいなものなので購入する際は十分注意してください。

といった感じかなと思います。

二人暮らしにおすすめの洗濯機は?

二人暮らしの洗濯機の容量について悩んでいる方もいらっしゃるようですのでちょっと考えてみたいと思います。

一般的な数値だと一人当たりの1日の洗濯物の量は1.5kgだと言われています。

これをもとに計算すると1.5x2人分ですから3.0kgとなり、4.2kgの洗濯機でも余裕でまかなえてしまいますね。

しかしこれだと毎日洗濯しなくてはなりません。毎日洗濯機を回すのも大変ですからもっと大き目の洗濯機が良いと考えられます。

5kgあたりからステンレス槽の洗濯機が多くなってくる点なども考慮して、最低5kgクラスの洗濯機は欲しいところですね。

5kg以上の洗濯機でどれを選ぶ?

まとめて洗濯をしたい人はもっと大きな容量が良いでしょう。7kgなんて意見をみかけます。

大きいほうがまとめ洗いで水道代や電気代の節約になるのと、シーツなどの大きな物の洗濯もできるという点で便利なので、置き場所と予算に余裕があればこのクラスを選ぶのも良い選択かと思います。

うちは洗濯物が少なくてそんなに洗わない、予算は抑えたいという人は5~6kgクラス

まとめて洗濯をしたいという人、大きな物を洗いたいという人は7~8kgクラスが良いでしょう。