洗濯機は縦型ドラム型どっちがいい?100人に聞きました

スポンサードリンク

洗濯機を購入する上でよく話題になるのが縦型がいいのかドラム式がいいのかという話です。

一時はドラム式に注目が集まっていましたが近年では縦型が再び見直されているようで・・・

というわけで洗濯機はどちらの形式がいいのか実際にアンケートを取ってみました。聞いたのは100人。

それぞれの洗濯機を実際に使っている人はどんな感想を持っているのでしょうか。気になる結果はこちらです。

nh5gapvw

結果はこちら。

縦型 87人

ドラム式 13人

という結果となりました。

縦型のほうがいいという人が8割以上を占める結果に。日本では縦型のほうがかなり優勢なようです。

また別の機会に50人にアンケートをとった結果もありますのでこちらも載せておきます。

zicsk37i

このときは縦型36人とドラム式14人という結果になりました。

ではそれぞれを使っている人はどんな意見をもっているのでしょうか。縦型、ドラム式それぞれを選んだ理由についても聞いてみました。

縦型派の理由

  • 安い物から高い物までいろいろあるので選択肢が広まる
  • 昔から使い慣れているから
  • ドラム式洗濯機は洗濯パンに入らないことがある
  • ドラム式は前に扉が開くので邪魔
  • ドラム式はかがんで洗濯物を取り出すので腰に負担がかかる
  • ドラム式よりも子供が入って遊ぶ心配が少ない
  • 構造上モーターの負荷などが少なく長く使えそう

これは日本では昔から縦型の洗濯機が使われてきたということも影響していそうですね。選択肢の豊富さ、使い勝手のよさといった面で支持する人が多くみられました。特に設置サイズに関してはアパートなどはまだまだ縦型用のパンしか置いてないところも多く、ドラム式を設置するには何かしら工夫が必要になりそうです。

また、近年ドラム式洗濯機に子供が入ってしまう事故も報告されていますのでそうした面も影響しているようです。

ドラム式派の理由

  • 洗濯から乾燥まで一気にやってくれる
  • 乾燥がふっくら仕上がる
  • 背が低いので前開きのドラム式のほうが取り出しやすい
  • 縦型は乾燥機能に不満がある
  • 節水の面でドラム式
  • デザイン性がある

ドラム式の魅力はやはり洗濯から乾燥まで一気に仕上げてくれる点にありそうですね。縦型洗濯機も乾燥機能を備えたものがあるものの、乾燥に関してはドラム式が一枚上手です。

一人暮らしでなかなか家事の時間が取れないという人には大きな魅力でしょう。

叩きつけて洗う方式なので使用する水が少なくて済むという利点もあります。

また、洗濯物の取り出しやすさという面では縦型が取り出しやすいという人がいたのに対して背が低いとドラム式のほうが取り出しやすいという意見もありました。使う人によって意見が変わるという例でなかなか面白い点ですね。

まとめ

価格、使い慣れているという面で縦型。

乾燥まで一気に終わる便利さという面でドラム式。

といった面で意見が分かれました。

比率でいえば縦型が多いですから、価格の安さや設置性といった点で縦型を選んでいる人が多いということでしょうか。

賃貸ではなかなかドラム式洗濯機を設置できるスペースはありませんし、価格と設置性の面でまだまだ縦型洗濯機のほうがまだまだ強そうです。

スポンサードリンク

コメントを残す




*